おせち 通販 選び方

おせち料理と並べたい料理

 

松阪牛のすき焼き

私は三重県出身、東京在住の独身女性です。友人が遊びにくるとびっくりされるのですが、美味しいと言われるので作る料理がすき焼きです。関東と違って割り下は一切なしです。コツはこってこてに作るところです。出来ればすぐ食べるので、

 

 

100g当り1,000円くらいのすき焼き肉が良いと思います。


800円くらいのお肉の場合、野菜と煮込む時に使います。最初にすき焼き鍋に牛脂を引いてそのうえに、ざらめをぱらぱらっとお好みの量で入れます。1,000円くらいの肉をささっと焼いて、裏返したら醤油をかけて出来上がり。あっというまです。

 

 

これに溶き卵をからめていただくのが一番贅沢な食べ方です。


大変美味しい、こてこてだから、卵でまろやかにするんだと、食べてくれた人は納得してくれます。その後に野菜や800円くらいの肉を入れて砂糖、醤油、酒で味付けします。野菜から水が出るので、割り下は入れません。

 

濃すぎるなぁと思ったらお酒を少し入れるくらいです。出来れば松阪牛で食べてほしい一品です。

キャベツと豚肉のかさね蒸し

 

キャベツと豚肉のハーモニーが美味しいメインのおかずです。キャベツは大きめの葉8枚位をよく洗います。豚ロース肉薄切り200g〜250gを用意します。深めの鍋にキャベツと豚肉を交互に重ねていき、最後はキャベツが上に来るようにします。

 

水200ccとスープの素1個、ローリエの葉1枚を入れます。上に落としぶたか、なければキッチンペーパーをぬらして軽くしぼったものをかぶせ、さらに蓋をして弱めの中火で20分ほど煮ます。出来上がったら煮汁を別の鍋に移し、沸騰させます。

 

その中に片栗粉大さじ1杯を同量の水で溶いたものを入れ、とろみがついたら火を止めます。これを、先ほど皿に移した煮込んだキャベツの上にかけて出来上がりです。

 

 

キャベツはケーキのように4つに切り、粒マスタードを添えてください。


豚肉はバラ肉でも大丈夫ですが、カロリーを考えてロース肉で作っています。豚ロースしゃぶしゃぶ用でも美味しいです。ロールキャベツより簡単なので、時間がないときでも簡単に作れ、家族にも好評です。

かぶらと厚揚げ&鶏ミンチのたいたん

 

蕪は近くの八百屋さんでも、スーパーでも新鮮なものを見つけるとよく買います。新鮮な蕪は葉っぱもみずみずしいので、その日のうちに実と切り分けて、葉っぱはおジャコと一緒にごま油で炒り焼きし、お茶漬けやふりかけでいただきます。

 

実の部分を用いる、我が家の定番の蕪料理は「かぶらと厚揚げ&鶏ミンチのたいたん」です。

 

 

  1. まず、お鍋で鶏ミンチをごま油で炒め、そこへ生姜(チューブ可)を投入します。
  2. だいたい火が通ったところで、だし汁と櫛型に切った蕪、しめじ、人参(一口大に切る)、厚揚げを入れ、蓋をして10分煮込みます。
  3. 十分に煮込みが終わったら、火を止めて、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。

 


これで「かぶらと厚揚げのたいたん」の完成です。最初はレシピ本で見つけた「鶏ミンチと蕪」のレシピだったのですが、もう少しボリュームが欲しいと思って自分流にアレンジしました。焼き魚とこの「たいたん」があれば、

 

 

立派な夕食の献立となり短時間で作れる


ので、忙しい時の栄養満点の一品になります。